駄文置場

□ スポンサー広告 □

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


* 「スポンサー広告」目次へ戻る
*    *    *

Information

□ 短編小説 お題ネタ □

  『拝啓、昔愛したあなた』

 
拝啓、昔愛したあなた。
あなたは今、元気でいますか?
私はといえば、相変わらず憂鬱な毎日を過ごしています。
あれからもう何年経つでしょうか。
もう吹っ切れたと、乗り越えられたと思っていたのに
今でも時折あなたの夢を見ては、
胸を締め付けられる想いに、思わず泣きそうになっていたり……

あなたと過ごした日々が、あなたがくれた言葉の一つ一つが、
どんなに大切で掛け替えの無いものだったのか、
今になって痛い程思い知らされます。
それなのに私は、そんなあなたの優しさに甘えてばかりで、
あなたの想いに応える事をいつの間にか疎かにしてしまっていた。
そのせいで、きっと沢山寂しい思いもさせてしまったんでしょうね……
ごめんなさい。
今更、そんな言葉一つで許されるとは思っていません。
でももし、もう一度だけあなたと言葉を交わせるのならば、ちゃんと伝えたい。
こんな私を好きになってくれて、いつも傍で笑顔で見守っていてくれて、
例えほんの僅かな間だったとしても一緒の時間を過ごしてくれて、
ありがとう、と。

拝啓、昔愛したあなた。
あなたはもう、私の事など忘れてしまったでしょうか?

私はまだ、あなたの事が忘れられないようです……


――ふぅ。
書き終えた手紙を丁寧に折ると、それを封筒に入れ糊で閉じる。
今度はそれを軽く丸め、空き瓶に納めるとしっかりと栓をした。

流石に明け方の海岸付近には人気が無い。
私は呼吸を整えるように一度深呼吸をし、手にした瓶を力いっぱい海へと放り投げた。
小さく水しぶきを上げながら一度海中へと沈んだそれは、
再び浮かび上がるとそのまま波に飲まれやがて見えなくなっていった。
「さようなら……」
そう呟く私の目には、水平線から僅かにのぞき始めた陽の光が、
いつにも増して眩しく映っていた……
 
スポンサーサイト


* 「短編小説 お題ネタ」目次へ戻る
*    *    *

Information

Date:2008/08/20
Comment:5

Comment

*

女王ユキのブログを見て既視感に襲われて読み直しちゃいました。
2008/09/05 【シェフ】 URL #-

* 元々

同じお題で書いてみろとか何とか言われて書いた短編ですからねw
ちなみに書いたのはこれだけで、他の4つは無いのであしからず(ぇ
2008/09/05 【カーレトン】 URL #-

*

この相手の男性は、もしかして既にこの世に存在しないのでしょうか?

誰もが体験しそうな人間関係の過ち。
それに改めて気がついた時には、すでに言葉を伝える相手がいない。
それほど辛いことはないよね。

最後の彼女が言った「さようなら」の言葉が
彼に対しての別れの言葉なのか、
それとも自分の気持ちを手紙にしてふっきれた言葉なのか。
うーん、読んだ後に余韻が残る作品でした♪
2008/09/11 【クオレ】 URL #NHq3PhN. [編集]

* 手紙の相手

男性から女性に宛てた物なのか、もしくはその逆なのかは特に明確にはせずに書きましたからね。
またその相手の現状もしかり。
唯一はっきりしているのは、この手紙を書いた主人公が大事な人を失ったという事実だけ……

文面を読み直してみると、若干女性よりな書き方ぽいですかね(?

まぁ、その辺の事は読み手の受け取り方次第という事で。
2008/09/12 【カーレトン】 URL #-

*

>シェフ
女王ユキって誰よ!!(笑
ってか、シェフも見てたのか、うちのブログ…
あんまり見てる人が居ないものだと思ってたよ!!(笑

と、人のブログで勝手に返信(笑
2008/09/14 【ユキ】 URL #9AkNmWvM [編集]

コメントの投稿








 ブログ管理者以外には秘密にする

+
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。